精神安定剤デパス取り扱い説明書

デパスと同じ効果の医薬品について

同じ効果薬品

デパスは日本でも有名な精神安定剤の新薬です。

デパスと同じ有効成分で製薬されたジェネリック商品や、デパスと同じような効果が得られる医薬品が他にも得られます。

こちらのページではそのような商品を紹介していきます。

購入をお考えの人は、是非参考にしてみてください。


エチラーム

エチラームはデパスのジェネリック商品です。

デパスと同じ有効成分で製薬されているので、デパスと同じ効果が期待できます。

会社は「インタスファーマ社」という大手会社です。

エチラームは1錠で1mgのエチゾラム成分が配合されています。


クロチアゼパム

クロチアゼパムは1979年は販売された抗不安薬です。

クロチアゼパムはリーゼとも呼ばれる薬で、非常に穏やかな作用で軽度の不安を持つ人におすすめの精神安定剤です。

副作用も軽く、安全性が高いとのことです。

しかし、その分作用が強くないので、効果がでない場合もあります。


セパゾン

セパゾンもデパスと同様の心の安定薬です。

服用することで不安や緊張感をやわらげる効果を持っています。

服用する際、女性の方で妊娠中の人はかかりつけの医師にご相談してください。

セパゾンは他の精神薬の中でも作用がやや強く、作用時間は長いほうです。

別の安定剤や抗うつと兼用すると、強く効きすぎたり副作用が強くでる恐れがあります。


メイラックス

メイラックスは1989年に発売された抗不安薬です。

メイラックスは副作用は少なめの医薬品ですが、作用時間が長いので副作用も長く出続ける可能性が高い医薬品です。

妊娠中は極力服用することを避けて欲しい医薬品です。


グランダキシン

グランダキシンは自律神経の調子を整える医薬品です。

穏やかに不安を取ってくれる医薬品で、薬の副作用が心配な人におすすめの薬です。

しかし、他の薬で慣れてしまっている人は効果が出にくいと考えられます。

他の抗不安薬でも少し高価な医薬品です。


↑ PAGE TOP