精神安定剤デパス取り扱い説明書

デパスの睡眠効果 不眠症治療効果について

睡眠効果

デパスにはリラックス効果や不安や緊張感をやわらげるので、寝つきを良くさせる効果があります。

これは、不眠症の人にかなり効果的で服用している人が多いです。

デパスは普通の睡眠薬と違って、精神安定効果もあります。

なので、ただの睡眠不足を解消するのではなく、不眠症という病気を治療することができるのです。

不眠症は、睡眠不足となって体調が悪化したり、疲れが取れない、イライラするなどの症状が出ます。

この状態を放置していると心の病になったり、大きな病気の原因になります。

ただの睡眠不足とは思ってはいけません。

しっかりとした治療が必要です。

精神病治療時の服用方法

睡眠障害、不眠症治療の場合は成人通常成人で

1日1~3mgを就寝前に服用して下さい。

不眠症とは

主な不眠症の症状

不眠症の症状はさまざまあります。

大きく四つに分けると

「入眠障害」「中途覚醒」「早期覚醒」「熟眠感欠如」です。

「入眠障害」は寝床に入っても30分以上経っても寝られない状態のことです。

「中途覚醒」は寝ている最中に何度も目が覚めたり、一度目が覚めると寝付けない状態です。

「早期覚醒」は必要以上に早くに目が覚めてしまう状態のことです。

「熟眠感欠如」はしっかりと睡眠を取ったのに、ぐっすりと眠った気がしない上代です。

主な不眠症の原因

不眠症の原因は人それぞれ違います。

原因によっては生活習慣を見直すだけで大丈夫の場合もあったり、医師の指導による治療が必要な場合もあります。

多くの原因が「心理的原因」と「身体的原因」「薬的学的原因」「生理学的原因」に分けられます。

「心理的原因」はなんらかのストレスや不安、極度の緊張感などのうつ病からなります。

「身体的原因」は体の怪我や病気が原因となります。
外傷や関節リウマチ、失神、湿疹や蕁麻疹などのかゆみなどです。

「薬的学的原因」は服用している薬やアルコール、カフェイン、ニコチンなどが睡眠の妨げになることです。

「生理学的原因」は海外旅行や出張での時差ボケや、生活リズムの崩れ、不規則な生活などが原因です。

↑ PAGE TOP